コロモの色・・・

画像

先日、成田山へ行った際に撮ったこの写真について「ももクロみたい~」という反応がありました~。

確かに、貫主さんの「朱」が入ったら、ももクロか戦隊ヒーローみたいなモンか(^^)/

・・・と思いつつ、じゃあこの成田山のコロモの色は何? 普段見たことないし~。

・・・と言うわけで、成田山にいる同級生に聞きましたら・・・

◆黄(おう)色は大正大学を卒業したばかりの僧侶→9~12級程度
◆水色(浅黄・あさぎ)→加行後の大学生~研修生
◆加行前は、鼠色の衣に如法衣
◆加行後は黒衣、割切


・・・ということなんだそうな。

・・・んで、コロモに詳しい「鈴木法衣店」のカタログを見ましたら・・・

画像

・・・こうなっていたです。

そんでもって、初めて「宗制」という、宗派の規則書をみました。初めて!

智山派の法衣の色と僧階は、法衣点のカタログで合っていました。

そこで、その僧階を見ると・・・

まず、浅黄(水色)と萌黄(緑)の境界線である「大律師(だいりっし)」ですが、これは「高等学校を卒業し、専修学院の実習科を終了した者」とあります。

「律師(りっし)」は「高等学校を卒業し、専修学院の専修科或いは成田山勧学院を卒業した者」とあって、専修学院の「専修科」と「実習科」というのは知りません。
「加行(けぎょう)」を境にするのでしょうか?

大律師の規定によると、大学に行かずに専修学院に入った者が、学院を終えて「浅黄」を着る、ということになります。

また、一般大学に行きながら本山研修をしても、大学3年の終わりに受ける灌頂が終わると「僧都」の域に入っちゃうので、この「浅黄」の法衣は、どうりで見たことがないはずです。

・・・んで、このカタログの法衣店の馴染みの営業さんに聞いたら・・
「浅黄」は、やっぱり、殆ど出ないですが、時に、急に住職になるため専修学院に行ったボーサンとかが、帰って来てから着るらしい。

自行で着るのは、何でも良いはずなので、一着浅黄の法衣でも作ってみっかボーズ・・・(^_-)

ただ、成田山で見た「黄色」は本派にはありません。
これは豊山派にはあります。これも、初めて知りました。
結構幅広い僧階で着ているようなので、よく見るはずなのでずが・・・

成田の黄色は、他の寺と法要をする時のためにある、と営業さんは言ってたですが、豊山派との絡みもあるですか?

もうひとつ「木欄(もくらん・黄土色?)」の法衣があります。

これは、智山派では、朝の勤行に使います。
本山では、誰彼の区別無く、能化さま(管長猊下)も、朝は「木欄」を召されます。

これが「自行のため」ということで、私は「御本尊様の前ではみな均しく修行者である」という意味なのかな?・・・と勝手に解釈しております。

地元では、施餓鬼や護摩などにおいて「相当色(そうとうしき・位に応じた色)」だと、メンドクサイので、木欄に統一してやっております。
葬儀などの「助法(じょほう・手伝い)」の時に着たりしますが・・・
ある大先輩から「お布施をいただくんですから、相当色でなきゃイケマセン」と言われたのを思い出します。

さて、私も「そろそろ萌黄から紫にしなさいよ」という圧力的なものを感じておりますが・・・
たしか、あと2年ダメ。

前の僧階から今の「大僧都」に上げて後、4年たたないとダメ、という決まりなので・・・。

お金を払えば「ネンタン(年短?)」といって、4年経たずに上げられるのですが、お金で上げるということには、とっても抵抗があるので、この後、余程のプレッシャーがない限り、上げることはないと思います。

ちなみに「大僧正」とは・・・(以下、Wiki先生)

日本では推古天皇32年4月13日に僧正・僧都と法頭を任ずることとし、17日に百済僧の観勒が僧正に任命された。
ある僧が斧で祖父を殴った事件をきっかけに、僧侶の監督のために置かれたものである。
律令制では、僧官(日本では僧綱という)として僧正、僧都、律師の3つがあり、僧正と僧都の2つには大・少の別がある。
また後年にはそれぞれに権官が設置され、十の位が成立した。僧正には大僧正、権大僧正、僧正、権僧正の4つがあり大僧正が僧官制の頂点に位置づけられた。


もともとは、ボーサンを取り仕切る最高位で、たしか、天皇の名の下に任命されたはず。

だもん、宗派にひとりで良いように思うんだけど・・・
せいぜい「大本山」の貫主さんまで、とか。

あ、また、ちなみに、成田山や川崎大師の貫主さんは、当然「大僧正」なので「緋(ひ・赤)」の法衣ですが、たとえば、管長猊下の前に出るときには、ひとつ下げて「紫」を着ることになっています。

「赤」はひとり!・・・ということですね~。

この記事へのコメント

  • つる

    さすがは鈴木法衣店!

    ん?そこじゃないって?
    2015年09月18日 09:04
  • 三日ボーズ

    いやいや、どうして、鈴木法衣店、さすがでございます。
    法衣の畳み方まで載っております。
    私なんか、袈裟の紐の正しい結び方をこのカタログでチェックしてるのです~
    (^^;)
    2015年09月18日 10:31
  • フラン

    衣の色以上に細かく、こんなに沢山の「僧階」があることに驚きです。
    どうやって上がっていくのでしょうか。
    お金で上げるという手まで用意されているとは。。。(・_・;)
    ボーサンの世界もなかなか、いろいろ、あるんですねえ。
    カラフルでキレイ~♡というもんでもなさげ!?
    2015年09月18日 17:14
  • 三日ボーズ

    大・中・小・権・・・無理遣り作ってる感じしますね。
    ひとつは、記事中にあるように、学歴。
    ひとつには、法臈(ボーサンになって何年)。
    ひとつには、修行。これが終わらないと上がれないというのが、いくつか。
    ひとつには、お金 (^o^)・・・これは、最終的にお金を払う、ということ。
    記事中にあるように、この位から次の位まで何年は上がれない、というのもあります。
    高野山では、純粋に「法臈」らしい・・・。
    高野山の色が、意外に地味だった。
    2015年09月18日 21:05
  • まめぐり

    いつも更新楽しみにしています。新勝寺が好きなので、この記事とっても嬉しいです!
    剃髪しているけど作務衣+輪袈裟しか着ていない方がいらっしゃるようにお見受けします。この方達は僧侶なのでしょうか?職員の方なのでしょうか?ご存知でしたらご教示お願いします。
    2015年09月22日 14:31
  • 三日ボーズ

    おそらく、成田山の勧学院の生徒なのではないでしょうか?
    確証ではないですが・・・
    この日の講習会も、改良衣+輪袈裟の若いのが3人聴いていたです。
    2015年09月22日 14:51
  • 三日ボーズ

    あ、法要ではなく、普段着として、作務衣は使っていると思うので、誰でも作務衣+輪袈裟、ということもあると思いますが・・・
    2015年09月22日 14:54
  • まめぐり

    早々にご回答いただきありがとうございます!
    なるほど、勧学院の方ということもあるのですね!月に2度ほど参詣し、ほぼ終日を本堂で過ごしています(檀家でも信者でもないのですが。。)。たくさんの僧侶や職員の方がいて、観察するのが楽しみの一つです。特に、お護摩の時の僧侶を方を参詣するのが楽しいです。入れ替わりで色んな方がいらっしゃいますよね。
    あ、私事で失礼いたしました。今度も更新を楽しみにしています!
    2015年09月22日 16:07
  • 通りすがり

    僧階で思い出しましたが、Wiki先生の「高野山真言宗」によると、古義の他派から高野山真言宗に転派した場合は一階級降格、大僧正は任意で降格、

    新義から高野山真言宗への転派はさらに酷く、二階級の降格、大僧正でも強制的に一階級降格とありました。

    どんな基準なんでしょうね。高野山真言宗は明らかに真言他派を下に見ているようで、なんか釈然としないです。

    高野山大学だって宮坂宥勝猊下の著作を教科書に使うらしいし、御修法の大阿、長者を新義が勤めることもあるし、高野山は何を以て降格の基準としているんでしょうかね。
    2015年09月26日 02:23
  • 三日ボーズ

    「高野山はなぁ~、お大師様を人質に取ってっからなぁ~」なぁ~んて言っちゃってた人がいましたが・・・
    確かに、何となく、偉そう・・・という感じはしますわな。
    派を移った時の僧階が、我々の場合どうなっているか知らないので、何とも言えんですが・・・
    高野山真言宗から新義に移った時には「ひとつ上げろ」とか言うんでしょか?
    (^o^)・・・その前に、絶対移らないか・・・。
    以前、比叡山の開山1250年の時、真言宗を代表して高野山が呼ばれました。
    「歴史を越えた仲直り~」みたいに言ってましたが・・・
    「比叡山が呼ぶなら〈東密・東寺〉だんべよ。高野山も、ホイホイ行くなよ。私共では無く東寺が宜しいかと。って断れよ」・・・と思っていました。
    ま、そんな感じですよね。
    2015年09月27日 00:00

この記事へのトラックバック